top of page

実施レポート 2023/1/24-1/25ウクライナ避難民に対する箱根でのネイチャーセラピー

 

昨年11月より在日ウクライナ大使館、一般社団法人全国心理業連合会(全心連)、H.A.I協会主催により、箱根にあるホテル「ジェムスティーイン箱根・芦ノ湖」のご協力をいただき、ウクライナの建国記念日の8月24日とウクライナへの侵攻が始まった2月24日に合わせて、毎月24日-25日に箱根でのネイチャーセラピーを開催してきました。

ウクライナは自然豊かな国で、お休みの日などにはハイキングやバーベキューなど、自然と親しむ活動を日常的に行っていると言われています。慣れない日本での生活において、自然とふれあう環境を提供することは、ウクライナ避難民にとってストレス緩和や精神安定につながるものと考えます。また箱根温泉は、湯治場として体の機能を回復させる効果が高いといわれており、これまでも心と体の両方からリフレッシュできたという感想をいただいています。

今回は、日本語が話せるウクライナ避難民がガイドを務めてくださいました。避難民の方もできる支援を行うことで、自分だけが安全な場所に避難をしているという罪悪感を緩和させる目的もありました。実施にあたっては、日本財団のウクライナ避難民支援助成プログラムの支援を受け行いました。


◆13:00ウクライナ「心のケア」交流センターに集合。事前説明のあと、新宿駅までご案内

◆小田急線ホームで記念撮影、箱根に向けて出発





◆ホテルのご主人とおかみさんのマインド溢れるおもてなしに心が安らぎます




◆2日目箱根散策。富士山をバックに火山活動の噴煙地を見学したり、自然を感じながら遊覧船で芦ノ湖を巡りました。日本発の野外美術館である彫刻の森美術館では、自然の中を散策しながら芸術鑑賞




◆まとめ

 参加された方からは、温泉と食事、自然の中で過ごした一泊二日間で、とても気持ちが落ち着いたとの声をいただきました。親子で参加されたお母さまからは、子どもがリラックスしてとても楽しそうにしていた、その姿を見て安心できたと感想をいただきました。過酷な体験をして避難をしてこられた方にとって、自然にふれることで心の安定につながったのではないかと考えます。


主催:

特定非営利活動法人ヒューマン・アニマル・インタラクション協会 一般社団法人全国心理業連合会(全心連)ウクライナ「心のケア」交流センター

在日ウクライナ大使館

場所:ジェムスティーイン箱根・芦ノ湖神奈川県足柄下郡箱根町箱根164-1)

対象:ウクライナからの避難民の方

担当:ウクライナ避難民・日本人ボランティア 参加人数:9名(ボランティアスタッフ含む) ----- 本企画は下記の皆様にご後援、ご協力をいただきました。改めて心より御礼申し上げます。ありがとうございました。 後援:一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会 助成:公益財団法人日本財団 協力:株式会社アイディアヒューマンサポートサービス

ジェムスティーイン箱根・芦ノ湖




Comments


bottom of page