top of page

3/19、ウクライナ避難民に対するアニマルカフェでのT.A.A.A.を開催


 特定非営利活動法人ヒューマン・アニマル・インタラクション協会(H.A.I.協会)は、一般社団法人全国心理業連合会(全心連)が運営するウクライナ「心のケア」交流センターと連携し、2023年3月19日、ウクライナ避難民に対し、アニマルカフェでのアニマルセラピー的かかわり活動(T.A.A.A.)を開催します。


 H.A.I.協会ではこれまで、動物園、水族館、牧場、アニマルカフェにおいて、動物とふれあうT.A.A.A.を行って参りました。2月に全心連が実施したメンタルヘルスアンケートの結果から、ウクライナの方々の精神的負荷がかなり大きいことがわかっています。

 ウクライナへの攻撃が続く中、ウクライナの方々にとっては心の痛みにさらされる毎日が1年以上続いていることになります。一時でも、動物や人のあたたかさを感じ、心が安らぐ時間を持つことはとても大切なことです。渋谷近辺のアニマルカフェでのT.A.A.A.4回目となる今回、3月のアニマルカフェは、ミニピグカフェで行うことにいたしました。2月24日のウクライナへの侵攻から1年を過ぎ、ミニピグを抱っこし、しっかりふれあえる機会をつくる形で企画しました。実施にあたっては、日本財団のウクライナ避難民支援助成プログラムの支援を受け行います。

  • 主催:特定非営利活動法人ヒューマン・アニマル・インタラクション協会、一般社団法人全国心理業連合会

  • 助成:日本財団

  • 実施日:2023年3月19日(日)

  • 場所:原宿

  • 対象:ウクライナ避難民

※感染対策には十分、配慮をして行います(検温、アルコール消毒、換気など)。ご来場の方はマスク着用をお願いしています。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page